チビ太のほふく前進とそれを全く気にしないポンタ

ポンタ君とチビ太君のお留守番です。

疲れを知らないパワフル兄弟。何はともあれ、お散歩だ。

マンション共用部分は必ず抱っこで移動する、というのはよくある規定。

チビ太ほど、このことを骨の髄まで知っているコを私は知らない。

チビ太は共用部分を絶対に歩かない。もし玄関を出て共用部分の床に置かれ、リードを引かれるものなら、即、匍匐前進(ほふくぜんしん)である。

床に ビターーッ、ジリジリ(数ミリの歩み)

そっか、前進を拒否するんだ、床にへばりつく。

チビタン!かわいすぎる…

ポンタは全く気にしないでガンガン歩こうとするから逆に要注意だけどね。

かわいいふたりなんです。

本日もペットシッターアンナのホームページにご訪問ありがとうございます。

ポンタ君、チビ太いつも本当にありがとう。またね、また来るよ。

タフガイ ポンタ
チビ太もポンタ兄さんが大好き。