ジョンシー君の居場所がいっぱい

ジョンシー君のお留守番でした。

今までは他のシッターさんとお留守番をしていたジョンシー君です。

その方がお引っ越しされたということで、やむなくペットシッターアンナにご連絡下さいました。

何人かのご家族から同様のご連絡をいただきました。

みなさんの話から想像すると、とてもすてきなシッターさんのようです。

バトンを受け取り、私の方でも大切にお世話させていただきます。

ジョンシー君、どうぞよろしくね。

事前打合せの時のジョンシー君は自分の場所でのんびり。

興味津々というでもなく、ニンゲンたちの会話に自分の名前が出てきてもどこ吹く風。

こういう時のニャンコって何を思っているんだろう。

さて、お留守番当日。

玄関を開けるとリビングの方から、ゆったりとジョンシーくんが姿を現します。

洗面所の方へ向かうジョンシー君。

洗面台周りの壁などに体を沿わせ歩く。こちらをチラリチラリ見ながら…。

あっはーん。ジョンシーママさんが言っていたのはこれだ。

洗面台に乗りたがると思うからその時は乗せてあげてね、と事前に聞いていたのです。

ジョンシー君が乗りたいことを私にも判るかしら?と聞いたら、乗りたがる感じがきっと判るっておっしゃってました。さすがです。

洗面台に乗せ蛇口から水を細めに出すと、ジョンシー君はそれを見ています。

積極的に何かをするわけでもなく、しばらくすると満足するみたいです。

降りると言って降りたら、もうその後は洗面所に行きません。

蛇口から流れる水を、自分から額や足の裏につけてるし、濡れるのも嫌じゃないのね。

ジョンシー君は面白いなあ。

ごはんや水遊びがひと通り終わると、朝は窓ぎわのベッドへ。

ジョンシー君はカーテンの向こう側にいます。

朝日が差し込んでいるから、ジョンシー君がカーテン越しにシルエットになって見えます。

食器などを洗い終わった私。

はじめは、あれ?ジョンシーどこに行っちゃった?と本気で探しました。

そしてカーテン越しの影を見つけました。

ジョンシー?ジョンシー?どこにいるの?と言ってみます。

ジョンシー?と問うたび、ジョンシー君のしっぽがパタンと応えています。もちろん寝たまんま。しっぽだけでパタンと応える。

カーテンを開けて、ここにいたの?とわざとらしいセリフを言う私。

そうするとその後ジョンシーと呼び掛けても

もうしっぽは動きません。

「ここだよ」って答えてくれてたしっぽですから。

ジョンシー君の居場所はおうちの中にたくさんある。

その中のひとつ、窓ぎわのベッドで、飛ぶ鳥や外の気配を感じながら日向ぼっこをしているジョンシーの幸せよ。

本日もペットシッターアンナのホームページにご訪問ありがとうございます。

ジョンシーありがとう。またね、また来るよ。

洗面台で遊ぶジョンシー
美しくってのんびり甘えたのジョンシー