ふうちゃんごめんタイムキーパーは私。

前回のブログを書いてすぐに、それはダメだ、と思った。

つまりふうちゃんをタイムキーパー、時間管理者にしたらダメだということ。

それはふうちゃんにとって実はとてもストレスなんじゃないかな。

体内時計でその時間がきたら犬はわかるだろう。

そして要求することをさせてしまうだろう。

これは叶えられれば、やはりいつもそうである!要求すればもらえる!とさらに強く覚えさせる。

反対に叶えられなければ、いつだろう、いつだろう、もう時間なのに!まだかなまだかな?と犬にとっては、おだやかでなくなる…。

そんなに難しく考えなくてもいいのかもしれないけれど、

お散歩中の「20分したらおやつ」という習慣をやめてみることにした。

この場合おやつはナシということではなく、あくまでも時間習慣にするのは止めよう、ということです。

後日、散歩開始数分で、ふうちゃん、おやつあげる、と言って出してみた。

ふうちゃんの、え!いいの?!今?とちょっと驚いたのが面白かった。でも遠慮しないところは、さすがはワンコだ。

その後も何となくいろいろとずらしてみた結果、20分後の強い視線はなくなったのだった。

でもいつもおやつタイムは設けて、楽しんでます。

ふうちゃんありがとう。またね!

本日もペットシッターアンナのホームページにご訪問ありがとうございます。

ふうちゃんのカメラ目線だヤッター!

    次の記事

    ラクテくん跳ぶ